Menu

海外での避妊率

0 Comments


女性ならだれでも妊娠する可能性があります。でも子供を望まない人たちも多いですよね。ピルを使用するにあたり避妊をする用途はさまざまあります。日本は先進国の中でも避妊普及率が78位で54.3%ととても低い国です。1位のノルウェーは88.4%と高い避妊率です。ではなぜ日本人の避妊普及率が低いのでしょうか?

日本での避妊

日本人の避妊具としてもっとも有名なのがコンドームです。40.7%の人がコンドームを使用しています。
日本は世界でも香港の次に、コンドーム使用率が高く世界でも珍しい国のようです。

海外での避妊方法

欧米ではピルの普及率が高くフランスはピルの使用率が43.8%で、コンドームの使用率が4.7%と少ない結果に!
また中国に関してはピルやコンドームを使用するのではなく、手術で子宮内に器具を装着して避妊をするIUSをおこなう女性が33.1%と驚く避妊法がありました。
そして韓国は女性がおこなうIUSのほかに男性がおこなう避妊手術が15.7%と少数ではありますがおこなわれていて、ピルやコンドームの避妊具を使用する人が少なくなってきています。

自らが積極的におこなう避妊法

海外の避妊法をみると女性が避妊をしていることが多いと思われますが、これはあくまでも女性が望んで避妊法を選んでいるのです。
海外では日本に比べると性や妊娠の考え方が違うようです。
たとえばスウェーデンの場合は、恋人との合意のSEXでも男性が避妊具をつけるのを拒否すると性的虐待として訴えられることもあるのだとか。

イギリスではピルが無料

無料イギリスでは年頃になるとピルが無料で手に入るのだとか。驚きですよね!!あくまでも服用は義務ではないので服用するかは本人次第となります。

避妊の考え方

とはいうモノの、ピルや避妊具の強制はされたくないものですよね。だけど女性である以上は望まない妊娠は避けたいと考える方も少なからずいるというのも事実ですし、SEXは相手ともよく話し合ってお互いにとってベストな避妊をしましょう。